『思い立ったが吉日』blog。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
かぶとをかぶったねことRiCE。(にひきめ
さぁ、ふつかめいってみよー!

京都での反省をふまえ、朝食のバイキングは程々に。

朝も大浴場へ行って、荷物まとめて、彦根城へ。

1日に3回、ひこにゃん登場するんだって。
2回目の時間に合わせて行ったらね。
さすがの人だかり。
キングの風格ただよっておりました。



ひこにゃんて、全然興味なかったんだけど。
あの、動きにヤラれたね。
ポージングがいちいち可愛くて、あざとさを感じました。

せっかく来たから、天守の中も見学したんですがね。
階段が激急で、太ももぷるぷる。
途中で断念しようと、何度思った事か。



しんどかったけど、景色は最高で。
昔のお殿様って、ここまで毎日登ってたのかよ・・って思ったんだけど、
そんなわけないよね。担いでくれる人がいるんだよね。

一人旅なもので、スマホで自撮りを試みていたら。
ある(外国人旅行客らしき)男性が声をかけてきた。

「しゃしん、たすけて?」

一瞬「?」だったんだけど、「写真撮りましょうか?」って言いたいのだと。
わざわざ日本語で話しかけてくれるなんて、律儀な人だ。

いえーす、いえーす、プリーズ!!
(シャッターを指差し)ディス!ディスだよ!
ウィズ キャッスル プリース!

精一杯の英語、伝わったみたい。
お城と一緒に、綺麗な写真を撮ってくれました。
嬉しかったなぁ。



ぐるりとお散歩して彦根城満喫、のあと。

友達と合流してドライブでござる。
どうしても行きたかった琵琶湖。



琵琶湖畔にあり、テラス席では琵琶湖を一望できるカフェ。
ここ、すんげーーーーーイイ!
友達の奥様はここで働いていたらしく。
めっちゃ羨ましい。

「近所に琵琶湖欲しいー」って、ずっと言っていました。
永遠に居られそう。あの店、いいなー。
コーヒーもおいしかった。

さて、そろそろ新幹線の時間を気にしなければいけない。
地酒を探しに酒屋さんに寄ってもらう。

一番搾りの地元うまれシリーズ(滋賀づくり)を6缶と、
新幹線で飲むビールを数本。
買ったら重たくて。
日本酒諦めました。。ちーん。

なんやかや、ギリギリで新幹線に乗り込む。

そして一番の衝撃は。

帰りの新幹線で、会社の社長の交代劇を知ったこと。(しかもネットニュースで

\(ねみみにみず)/
スポンサーサイト
かぶとをかぶったねことRiCE。
新幹線に乗りまして。
旅行嫌い(というか面倒くさい)の私でしたが、
今年3回目の乗車でござんす。

ほんの少し、お尻軽くなったかな。(そっちじゃなくて。

滋賀県は彦根へ。
友達ファミリーに会いに行ってきたのさ。

お昼に着いて合流。
近江ちゃんぽんが市民のソウルフードらしいので、いただいてきたよ。



黄金色のスープがまいう。

食後、車でぶーん。
多賀大社へ連れてってもらった。
森林浴。森の匂い、大好き。
糸切餅をつまんで・・

友人宅 兼 工房へお邪魔虫。
最初は様子を伺っていた子ども達(2歳男児と0歳女児)でしたが。
帰る頃にはソファに押し倒されるぐらい、仲良くなりました。

お兄ちゃんが「プラレール見せたい!!」と言い出したので、
ヤバイ、長くなるやつだ・・と、夕方に退散。

一旦ホテルに戻り、大浴場で足を伸ばす。
大きいお風呂久し振り。
このホテル、お風呂の窓から彦根城が丸見えなんです。



ついでに、城見テラスもあるんです。\(おしゃんてぃ)/

20時少し過ぎ。
夜の彦根に繰り出すぜ!
友達は車なので飲まない(酒は止めた?)。
一人でひたすら、ビールをあおっておりました。



だってさぁ、連れてってくれたお店がさぁ、
何食べてもおいしーんだもの。
また行きたい店ランクイン。

で、ここでもやっぱり、はしご酒。
場所が変われど、やるこた一緒やで。


二日目につづく・・
みっかめのRiCE。
振り返る京都大阪旅行。

早いもので最終日でございます。(11/3のはなし)

朝、ってゆーか昼近く。
初日に偶然出会ったタクシー運転手さん(山下さん)にホテルまで迎えに来てもらい、
新幹線の時間(15:29 京都発)まで、色々案内していただいた。

いかんせん、時間がなかったもので。
かなりの急ぎ足でした。(ぐずぐずしていた自分が悪い)

ものすごい知識がある方で、移動中もずーーーっと話し続ける山下さん。
メジャーなところはいつでも行けるから!と、
マイナーめなところに連れてってくれた。

お金の神社、男寺、女寺など。(正式名称忘れた)

男寺(正式名称忘れた)とても良かったです。



みて、この美しき日本庭園!
山下さんに導かれるまま、写真を撮るわたし。



庭園と障子で、掛け軸。



庭園と柱と障子で、ふすま絵。

「そうだ、京都行こう」のポスターにもなったそうだよ。

で、少しだけ自由時間。
ずっとお尻を向けて写真を撮っていましたが、
庭園が一望できるお席には仏像様がいらっしゃるのです。

お庭はもちろん素晴らしいのですが、私は仏像様を拝観したかったのです。
観光客はまばら、仏像様の前に座らせていただき、
ただじーーーっと、眺めていました。

独り占め。

していたら、涙がぼろぼろ。
勝手に浄化された気分。

そのあとは更に駆け足。
なんとかってお店できんぴらごぼうとお揚げとお肉が乗ってるうどんを食べて、
次が女寺だったかな。

日本で唯一、朱色で写経が出来るお寺だそうだ。
日本で唯一、菊の紋が入った茶器でお抹茶をいただけるお寺だそうだ。

写経までは時間がなかったけど、お抹茶いただきましたよ、おいしかったよ!

そして乗車の30分前、京都駅着。
バタバタだったけど、実に充実した観光でありました!

そして我思う。
旅行って、どこへ行くかではなく、誰と行くか、なんだなーと。

いくら貧乏旅行でも、仲良しと行けばずっと笑ってるもんね。
ふつかめのRiCE。
少し肌寒いくらいで丁度いいね。

さて、ふつかめ。

四条大宮のホテルより電車に揺られて1時間弱。
念願の、USJへ行ってきたーーー!!





直前でEパスは当日買えないという事を知り、愕然としましたが。
ホラーナイト・エクスプレス・パス3ってゆーのがあったから、
いや、コワイの苦手なんだけど。
とりあえずそれで入場。

日頃、テーマパークへ行ってもコースは人任せのわたしですが。
たまにしか来られないUSJですから。
アプリをフル稼働して働いてやったわ。(パトロン様はあてにならないので

ジョーズとか、バック・トゥ・ザ・フューチャーとか、ジュラシックパークとか、
ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド(貞子ver.)とか、バックドラフトとか。
エイリアン vs プレデターは歩くタイプだって知らなくて。
脅かす人が出て来るとか知らなくて。
喉が潰れるぐらい、叫びました。もう嫌。

呪怨の無理矢理感にはちょっと、苦笑い。
だけど降りた後のサプライズは、よろしい演出だったと思います。



合間、ミニオンにビールを自慢したり、ミニオンまん(角煮入り)を食べたり。

ウォーターワールドとハリウッド・ドリーム・ザ・ライドは間に合わず残念でしたが。
概ね楽しかったす!
ホラー・ナイトは早々に飽きましたが(笑

今度は違う人と一緒にゆきたいなー。
しょにちのRiCE。
私にしては珍しく。

9月ブリに新幹線乗りましたの。\(今年2回目)/

パトロン様に、京都大阪旅行連れてってもらったざます。
ギリギリでバタバタしましたが、結局行きましたの。

しょにち。
お昼過ぎに京都着。
タクシーの運転手さんに湯葉料理の店を聞くも・・

「私は興味ないんでねぇ、分からないんですけどねぇ」

ぶつぶつ言いながら、以前お客さんを送ったというお店へ。

なんか。
高級な感じなんですけど・・
基本個室、みたいな。
一番安い御膳で3,000〜4,000円。



湯葉づくし。
全て最高にうまかった。
しあわせとは、このことか。



バスで移動、ホテルにチェックイン。
荷解き&ごろごろ。
日が暮れたころ、再び動き出す。

今度は電車に乗って河原町。
鴨川沿いを歩くも、真っ暗で何がなんだか。
先斗町を歩くも、人が多くて何がなんだか。
商店街は浅草の趣。

なんの目的もなく、ふらふらと祇園方面へ。
ぜんぜんお腹空かないもんで、飯ってわけでもなく。
思いつきで、清水寺行く?となり、タクシーを拾ったら。

この運転手さんが素晴らしくて。
京都の町を一望できるところへ連れてってくれた。
まだあまり知られていないらしく、人もまばら。
自分らでは行かないようなところも案内してもらい、
それらにまつわるエピソードも聞きつつ。

ほとんどノープランだったので、最終日も案内してもらうことにした。
ご飯やさんで降ろしてもらい、ビールとつまみで乾杯。

なんとなく、いい気分でしょにち終了。
RiCE、2013年のATGW。


休み明け前のテンションがヤバいです。

昨日は色々連れてってもらって、
色々見たり食べたり、車中で爆睡したりで楽しかったのに。

帰ったとたん、明日から会社か・・
と、瞬時にブルーになりましたの。


あ、さて。
ここ数年、恒例となりました(Y澤家族との)伊豆旅行。
始まりは、Y澤の甥っ子ちゃんのおもり役で連れて行ってもらったのですが。

小さかったボクちゃん達は、すくすくと成長し。
中学生と高校生になったってよ!
驚きだよ!!
とっくに身長越されたよ!!(おにいちゃんに

で、今年は部活だなんだで兄も弟も行けないと。
なーんだぁ、今年は中止かぁー、と思っていたら。

「大人だけで行くべ!」

というわけで。
いつもは海だプールだテニスだと、一日中遊び回っていたけれど。
今年はご飯重視な感じになりました。

地の魚を寿司で食い、地の豚を生姜焼きで食い、
地のうなぎを食らい・・

夜はビールをもりもり飲んで、酔っ払って寝ちゃうとゆー。
自堕落な2泊3日でございました。

おかげさまで、ジーパンきついです。
如実に出るね。
RiCE@かいさ
えー、さて。
土曜から、一泊二日で彦根へ行ってきました。

なんやかやで長い付き合いとなった友人の結婚式へお呼ばれしたんです。
滋賀と東京なんでね。
なかなか会えないんだけど、すごくマメな子なんだな。

式の前日だというのに、夜ご飯へ連れてってくれた友人(新郎)。
シャレた飲み屋で近江牛をモリモリ食べる予定だったんですけど!
着いた日は二日酔い、寒気がおさまらず。
気持ち悪くてムリでした。。
早めに就寝、翌日に備える。

ちゃんと起きられた日曜日。
しっかり朝ご飯食べて、バタバタ準備。
ホテルの近くから送迎バスに乗り、式場までブーン。

厳かに式が進み、披露宴。
周りに座った人にビールをすすめるわたし。

新郎新婦が入場、食事が運ばれ、和やかに披露宴が始まる。
共通の友達とかいないから、ひとりぼっち。
何する?
食べる、飲む、しかないよね。

向かいのお兄さんのグラスが空いたので、ビールをすすめる。
やんわり断られる。

待つ。
・・待つ。
・・・待ってるんだけど!!!

ボクのグラス、全部空なんだけど!!!!!!!!!!
誰か注げよ!!!!!!!!!!!!

待てど暮らせど、気付く人は出てこなさそうだ。
うむ。
仕方ない。

というわけで、披露宴ですが、女子ですが。
手酌ビールでござんした。
「なんか・・アル中みたい・・」って、思ったけれど。
仕方ないよね。
喉、かわいてたし。
旅の恥はかきすてだよね。

あ、ご飯はおいしかったよ。
魚、エビ、肉、腹いっぱい食べたよ。

で、帰りの新幹線は泥状態。
思いのほか疲れたな。
長野へ行ったRiCE。~野山を駆けめぐる 編~
夜中に目が覚める。

連れが買ってきてくれたウコンドリンクを飲んで、しばらくごろごろ・・・
していたら、また寝てしまった模様。

気付けば日曜の朝。
同行者は散歩に行くと言って出て行った。

重い頭をぶら下げて、風呂に入る。

ホテルを出て、懐古園を見物。



お昼前、みんなと合流。
観光客に人気があるという蕎麦屋へ連れてってもらう。
オススメにあった、きのこと辛味大根の蕎麦。
なかなか美味でした。大根辛すぎたけど。

食後。
美味しいコーヒー屋があるというので、お願いして連れてってもらった。

広々とした店内、シンプルだけど洒落た内装、妙に落ち着くソファ、漂うコーヒーの香り。
さっきたらふく食べたのに、ここでもチーズケーキなんぞ頼んでしまう。
こんな店、地元に欲しいなー。
ごちそうさまでした。

車を置きに戻り、ビールをいただき、好青年二人を見送り、
プリンスと同行者と3人でワイナリーまでハイキング。
こんなに歩くなら、エンジニアブーツなんて履いてくるんじゃなかった。。

ワイナリーでお土産を買ったりしていたら雨が降り出したので、
ぼちぼち帰ることにする。

高速バスも新幹線の指定席も満席だという。
帰りも新幹線のデッキで過ごす、1時間ちょっと。

やっと座れた上野駅ホームのベンチ。
ここで40~50分、動けなくなる30代半ばの私たち。

小諸初上陸、楽しかったぁ。
今回は行き当たりばったりだったので、次はも少しプランを立てて行きたいな。
またBBQしたいなー!

プリンスと仲間の皆様、二日間私の世話を焼いてくれた同行者、どうもありがとー。

あの店とあの店にお土産とか預かり物をしているので、近いうちに行かなくちゃっ。
長野へ行ったRiCE。~よっぱらい 編~
mixtureも三茶も終わり、晴れやかな気持ちで長野県は小諸市に行って参りました。

小諸のプリンスより、地元のワイナリーで収穫祭があるからおいで!とお声がかかったのです。

もうかれこれ10年前の事。
彼は私がTシャツを作り始めて一番最初に出たフリマでのお客さん。
(mixtureの代表が彼をナンパしたのがきっかけ)
やがて仲良くなり、今に至るわけ。

土曜日。
上野から新幹線に乗り込む。
「自由席でいいよねー」なんて言ってたけど、案外混んでるのね。
デッキで過ごす1時間ちょっと。
佐久平から乗り換えて小諸まで。

ついに来た!
プリンスの地元。

シャトルバスが出ていたけど、待ちきれずにタクシーでワイナリーへ向かう。

合流。
やっぱり、東京で会う時と顔つきが違う。気がする。
リラックスした、いい表情。
一緒にいた友達二人もさわやかな好青年。
類は友を呼ぶのですね・・・




さっそく、ワインで乾杯。
300円でグラスを買って、お代わりは50円。
屋台がたくさん出て、ステージではライブやったりして、賑わってる。




ブドウ畑の脇に陣取って酒盛りが始まる。
チーズ、ソーセージ、ハーブチキンの燻製、ピクルス、フライドポテト。
数杯飲んだところで、白ワインと生姜焼きの差し入れ。
さすが、、小諸のプリンス。

一通り食い散らかした後、地下のワインセラーへ移動。
ここでは1杯500円で年代物のワインが飲める。
赤と白を1杯ずつ、ごちそうになる。
普段飲んでる安ワインとは全然味が違ってびびる。
厳かな雰囲気で、私のような者が恐れ多い・・と思いつつ、
あっとゆー間に飲み干してしまった。

ワイナリーを後にし、今度はびぃる!
手際よくBBQの準備が進められる中、私たちはお先にビールをいただく。
ビールサーバー借りてきてんだよ。すごくね?
この生ビールが、うまいのなんの。

度肝を抜かれたのは、自家製スモークチーズ。
激ウマ!!
これー、、今度送ってもらえませんかねぇ?
お取り寄せしたいです。

親戚の畑で採れたという、でっかいタマネギ。
網で焼いただけなのに。
激ウマ。
甘くておいしーの。やばーい!小諸やばーい!

と、この辺から記憶が曖昧に。
全部で8人ぐらいいたと思うんですが。
一部の方のお名前が曖昧です、すいません。

夕方になり寒くなり、夜になったら小諸の町に繰り出そう!と約束してお開き。
が、ホテルに着くなり、撃沈。
一生懸命起こしてくれたらしいのですが、ぴくりともしなかったそうです。

何やってんだー、おれ!
飲みに行きたかったよー(;o;)

つづく。
一人で照れるRiCE。


昨日は寝相の悪い子供に一晩中蹴られぶたれ、眠れず。
その子の母は熱があるというのに布団はいで寝てるし。

おかげさまで寝不足で。

今日は広場で玉遊びでもしようと行った公園で、思わぬハイキング3時間の刑に処されたり。

目的地に辿り着けず、気付けば頂まで行ってしまった僕たち。(写真参照)
ボール、おもちゃ、お茶(ペット500数本)、お昼に食べる食料等々を抱え、
山道3時間はさすがにヘビーでした。

つうか、行こうって言ったヤツ!
ちゃんと調べてから提案すべき!

喧嘩の絶えない、楽しい現実逃避でした。

逃避しきれなかったけどね。
電話でプチミーティングとかしてたし。

重い腰が上がらんにょ。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.